うつ病と頭痛

こんにちは。

今はそうでもないのですが、少し前によく頭痛が酷い時がありました。
特に熱が出るわけでもなく、風邪ではないようでした。

うつ病の症状として頭痛との関係があるのか調べてみました。

スポンサーリンク

頭痛のタイプ

一過性の症状であれば特に関係は無いようです。しかし、慢性的に頭痛が続くようであれば生活に支障をきたしてしまいます。

症候性頭痛

脳や身体的に異常がり症状が現れるタイプです。
このタイプの頭痛は、「クモ膜下出血」や「脳腫瘍」などが原因の可能性がありますので、医療機関で検査を受けましょう。

機能性頭痛

脳や身体的な異常がないのに、繰り返し症状が現れるタイプです。

このタイプは、ストレスやうつ病など、精神的な問題の可能性があります。

うつ病と頭痛の関係

  1. 普段から頭痛持ちの方が、偶然うつ病になった場合
  2. 頭痛に悩みがあり、2次的な症状として抑うつ状態になった場合
  3. うつ病などの精神疾患の身体的な症状として頭痛が認められる場合
  4. セロトニンなどの生物学的な要因を背景として、頭痛とうつ病が共存する場合

(1)や(3)では、うつ病が見落とされる可能性が高い事例です。
(3)の場合は、うつ病が原因ですので、通常の鎮痛剤では効果はありません。

どうしてうつ病によって頭痛がでるのか

人は精神的に不安定になると感覚が敏感になります。そのため、今まではなんでもなかった痛みを敏感に感じてしまい、それが頭痛にあらわれてしまうようです。

また、強いストレスが続くようなことがあるとやはり精神的に不安定になってしまい同様な症状が出てしまいます。

慢性的に頭痛がある方は、脳に疾患があるのでは?と疑いを持ってしまい、不安より精神が不安定になり頭痛を発症することもあるようです。

まとめ

頭痛とうつ病には、直接的ではないものの関係性があるようです。いずれも、精神的に不安定な状態になってしまうと、頭痛を引き起こしてしまうようですので、不安定になりうる要因に気をつける必要があるようです。