40代。うつ病、職場復帰ではなく退職を選んだ理由

こんにちは、当ブログ管理人 standard59 です。

うつ病と診断され、仕事ができなくなってしまった時どうしますか?
休職?退職?

年齢や家族のこと、色々あってなかなか決められない頃が多く、大きな悩みだと思います。そこで私の場合で休職する場合と退職の場合どんな違いがあるのか考えてみました。

※内容についてはあくまで私の独断で感じている内容です。正しい間違ってるは抜きに、ご覧いただけますようお願いします。

スポンサーリンク

休職のいいところ

  • 保険より傷病手当金がありますので、苦しそうですがなんとか生活はできそう
  • 復職できること
  • 少しは休むことができる

休職の悪いところ

  • 完璧に残務の引き継ぎができていないので、会社としては時間もリソースも足りていないのでどうしても、連絡や確認が発生する
  • 携帯電話の着信履歴が常に気になる
  • メール確認も同様に常に気になる
  • 社内の他の人に、迷惑をかけているのではという気持ちが湧いてくる
  • 周囲の人に、甘えてると思われているじゃないかと、ネガティブになる
  • 近所の人の目がきになる
  • 結局仕事が頭から抜けず、眠れなくなる
  • 完全に仕事を忘れることができない
  • よって治療に専念できない

退職のいいところ

  • 完全に今の仕事を忘れることができる
  • 退職金を貰える
  • 治療に専念できる
  • しばらくはゆっくり休める

退職の悪いところ

  • 家族に経済面での不安を与えてしまう
  • 実際経済的に苦しくなる
  • 国民健康保険になる(今の会社の場合)
  • 転職する場合は、年齢的に職があるのか心配
  • 起業するには、準備ができていない(これは個人的な理由)

まとめ

こう考えてはっと思ったのですが、休職する退職するを考える以前に、今最優先しべきことはうつ病への治療だと再確認させられました。

治療に向けてどうしたらよいか、その視点で考えた場合、休職という選択は間違いなく無いと感じ、今選択すべきは「退職」だと、結論を出しました。

繰り返しますが、これはあくまで私の考えであり、正しい、間違っているの判定は行わないでください。人は色々ですので、これが正解は存在しないと思います。

その選択が、間違ってしまっった場合、苦しいこともあるかもしれませんが、それは自分が選んだ選択だと受け入れ、苦境を脱出していけるような精神力、行動力を発揮できるよう成長していければと思っています。

退職するかどうかとは、正解がなかなか出ないことであり、この先どうなるかは誰にもわかりません。

それでも、何らかの答えを出さなければならない、そんなときに来ているのかもしれません。