布団でスマホは睡眠を妨げる?ブルーライトの影響は

こんにちは。

スマートフォンはネット時代の現在には、なくてはならないグッズですよね。
中にはガラケーが好きという人もおりますが、殆どの方はスマートフォンをお持ちだと思います。

また、高機能なスマートフォンはいつでもどこでもネットにつなぐことができます。もちろん布団のなかであってもそれはでき、横になってスマホ見ることは多いのではないでしょうか。

そんななか、寝る前のスマホは健康に良くないとよく聞ききます。なにが行けないのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

ブルーライトが睡眠を妨げる

スマホの画面にはカラフルなアイコンや写真などを表示されていると思います。画面が見れるということは、画面から発せられている光が見えているわけですが、その光にはいろいろな色が混ざり合っています。

その色の中で青白い光(ブルーライト)が睡眠の質を低下させてしまうことがわかってきています。

脳内ホルモンバランスが崩れる

脳内に分泌されるホルモンは主に活力アップの「セロトニン」と休息を取りやすくする「メラトニン」の2つがあります。

ブルーライトを見ることにより、このセロトニンとメラトニンの働きが低下することがわかっています。

寝る前にスマホも見ていると実際には何がいけないのでしょうか。

スマホ画面を見ているといろいろな情報を見ることができます。画面に夢中になってしまうと脳が活発になり睡眠モードになかなかなれず、セロトニンが大量に分泌されてしまいます。

セロトニンが分泌されると、眠れなくなったり、眠りが浅く睡眠時間も短くなってしまったりします。目覚めも悪く、睡眠不足で翌日の昼間に影響が出てしまいます。

また、睡眠ホルモンとよばれるメラトニンの分泌が減少してしまいます。

ブルーライトの明るさの光が脳にとって昼間と錯覚を起こしてしまい、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑えてしまいます。

それにより、寝付けないや不眠の症状になってしまいます。

さらに、メラトニンが少なくなってしまうことは、睡眠障害だけではなく、自律神経の乱れによる倦怠感、動悸、さらには免疫力の低下など体に悪影響を与えてしまいます。

意外なところに影響も

睡眠に影響を与えるブルーライトですが、その影響は意外な所にあらわれることもあります。

太りやすくなる

メラトニンが減少すると、体が夜だと認識できなくなってしまいます。その為活発に動こうとしてエネルギーを欲してしまい、食べすぎてしまうことがあります。

視力低下

スマホの光は非常に強く、目の奥にまで届いてしまいます。網膜や角膜に影響を及ぼすブルーライトは活性酸素が原因で加齢黄斑変性症という病気を発症してしまうと、最悪失明の可能性もあるようです。

また、スマホ老眼といわれる症状もあるようです。これは、スマホの小さい文字を見ることで目が疲れてしまい、ピントをあわせにくくなってしまう症状です。

しかし、この状態が長期間続くことで、慢性的に視力低下につかがる恐れがあるようです。

まとめ

寝る前のスマホ習慣 としている人は多いと思います。健康に被害があるとわかっていてもなかなかやめられないと思います。

しかし、ここで上げたような症状が出てしまうことを理解し、少しずつでも減らして行けるように改善していきましょう。

少しでも参考になれば嬉しいです。