嫌なことを先送りしてしまうのはなぜ?その改善策は?

こんにちは。

仕事や普段の生活の中では、やらねばならぬことが次から次へと起こると思います。
しかし、なかなか取り組むことができず、先に伸ばしてしまうことよくありませんか?

先送りにしてもなにもいいことはないことはわかっているのに、どうして先延ばしてしまうのでしょうか。

人はどうして嫌なことを先延ばししてしまうのか、調べてみました。

スポンサーリンク

やるべきことをしない先送りとは

先送りとは「何かをやろうとしてできずにいる心理」を伴っています。「今すぐやった方がいい」「早めに手を付けるべきだ」と思いながら、全く手を付けられずにいるような心理状態を伴っている、そんな状態のようです。

先送りすることで、不安や焦りが生まれ、さらに行動することができない、そんな悪循環になってしまうようです。

どうして先送りしてしまうのか

先送りをしてしまう時にはこんなことを考えてしまうそうです。

  1. 仕事に対する自信がない、または他人からの批判や失敗を恐れ、目の前のプレッシャーから逃避してしまう。
  2. やるべきことに強い不満があり、物事に前向きに取り組むことができない。
  3. 現状にとどまろうとしてしまう心理がある場合

先送りは自分を苦しめる

何かをやろうとしているのに、何もできないという状況での感情は複雑です。その場は楽できるかもしれませんが、いずれはやらねばならないことはわかっていますし、その行為について自己嫌悪に陥ってしまいます。

先送りを改善するには

自分の感情を理解する

過去にトラウマなどがあり、物事に対し臆病になってしまった。また、将来のことが不安だ。などの感情がないか自分で確認してみましょう。

なにか物事をするときに不安なことを抱えていませんか。

ブレーキをかけていませんか

やろうとしていることに対し無意識に不可能だ、と決めつけていませんか。そうであれば自己防衛のために先送りしてしまうででしょう。

失敗しても大丈夫という認識をもち、楽な状態にひきさげ、とりあえず一歩を踏み出して見ましょう。

完璧を求めず、少しずつ始める

小さな目標を設定し、底に向かいまずは始めてみましょう。そして一歩一歩達成させ、気づいたら完了できていた、そうなればいいですね。

まとめ

わかっていてもなかなかできない「先送り」。自分の心の中に理由があるようです。先送っても何もいいことはありません。少しずつ、1つずつはじめて見ることが大切です。

少しでもお役に立てれば嬉しいです。