採血でうつ診断

こんにちは。

うつ病かもしれないと感じた時、精神科や心療内科を受診して診断するのが通常だと思います。うつ病は心の病気であり、個人でそれを判断することはなかなか難しいとも思います。

なにより本人がそのことに気づけないことも多く、症状を悪化させてしまうことも多々あると思います。

うつ病診断の方法のひとつとして、採血するだけでうつ病を診断できるサービスが始まっているようです。少し調べてみました。

スポンサーリンク

採血した血液からうつ病を診断

日刊工業新聞で「採血だけでうつ病診断 DNAチップ研、関連遺伝子の有無判定サービス」という記事が出ています。

この記事によると、DNAチップ研究所は2018年3月までに、採血した血液からうつ病関連遺伝子の有無を判定する診断サービスを始める。とあります。

このサービスは、約2.5ミリリットルの血液を採血し、その血液より遺伝子を検査しうつ病患者と健常者の遺伝子の有無差から、うつ病を診断するというもの。

2016年1月にこの検査方法が発表し臨床サンプル収集、検証をつづけ、ここでサービス開始できるところまできたようです。

このサービスは厚生労働省から保険診断の認証が得ていないため、自由診断となり全額負担となるようで、費用は1件あたり約5万円程度となるようです。

まだ始まったばかりのサービスのようですので、実際どのくらいの信憑性があるのかはこれからになるようです。また、このサービスは企業向けに従業員の心理的な負担の点検を義務付ける「ストレスチェック」制度の一環として、健康保険組合や診療所向けにはじめて行く模様です。

まとめ

うつ病はこころの病気であり、その症状などは本人にしかわかりません。しかし、なかなか周囲には理解してもらえないこともあり、そこがまた、本人の悩みになってしまうことも多いと思います。

しかし、このような客観的にうつ病だと判断できる技術が開発されることはすばらしいことだと感じます。

新しい技術でありまだまだこれからであり、当面は企業向けのサービスではありますが、近い将来、個人でも利用できるようになれば、いいですね。