うつ病、休息のとり方とは

こんにちは。

うつ病とわかった時、まずは休息が必要です。これは誰からも言われることだと思います。

しかし、今までがむしゃらに働いてきたような人が急に”休みなさい”といわれても、どうしたらいいか困惑してしまいます。

どんな休息をとったらいいのか、調べて見ました。

スポンサーリンク

休息が必要な理由

うつ病の治療は、薬物療法と休息が基本といわれています。なぜ、休息が必要なのでしょうか?

うつ病は活動に必要なエネルギーが低下してしまう病気だからです。そのエネルギーを回復する唯一の方法が休息です。

休息のとり方

ではどのように休息するといいのでしょうか?

怠け者のように休む

それは”怠け者”ように休むことのようです。

怠け者のような休み方とは、何もしないで寝ているようなことです。

ずっと寝てばかりだと、仕事や普段の生活に戻れなくなるんじゃないか、と心配になる気持ちはわかります。しかし、うつ病のときは普段通りではないことに気づいてください。

病気なのですから、そのときだけは心配事を忘れて、休息することだけ考えていくことが大切です。

「○○しないといけない」は考えない

休息をとるときのポイントは「○○しないといけない」と考えないことです。

うつ病になるような人は大抵、「○○しないといけない」と考えで頭の中がいっぱいです。その考えは自分にストレスをかけ、エネルギーを消耗します。休息はエネルギーを回復する目的なのに、余計なエネルギーを消費しては意味がなくなってしまいます。

しかし、「○○したい」という思いはそれは結構です。やりたいと思うことができるのならば、そのエネルギーが回復してきたといえるので、やってみてください。

本当に休める場所で休む

会社や学校を休むことは、休息しているとはイコールではないと思います。仕事を休んで身体を休めていても、本当に休める場所でなければ、休息をとれたとはいえないと思います。

会社から連絡が来るかもしれない、家族に理解してもらえない、子供がいてゆっくりできないなどの理由で家が本当に休める場所でないときは、思い切って入院するのも一つの方法だと思います。

休息するために、本当に休める場所を確保することが大切だと思います。

まとめ

うつ病において、治療を始めたばかりでは、休息が最も重要なことです。その休息が正しく取れないのでは、治療の意味が薄れてしまいます。

そのために、本当にゆっくり休める場所を見つけられるといいですね。

少しでもお役に立てれば嬉しいです。