金縛りとは?その解き方や原因は?

こんにちは。

夜寝ているときに、金縛りを経験したことありますか?目が覚めてるにもかかわらず体が硬直し動かすことができなかったり、何かが上に乗っているように感じたりします。

場合によっては、隣に人がたっているような感覚や、体を触れられているように感じたりの幻覚を伴ったりします。

幽霊や心霊現象といわれたりもしますが、医学的に説明ができる症状です。
どのような仕組みで金縛りは起こるのか、また原因はなんなのか、解き方はどうしたらよいのか。

今回は「金縛り」について調べてみました。

スポンサーリンク

どうして金縛りになるのか

普通人は眠っているときに、2種類の状態を繰り返しています。

ひとつは、「ノンレム睡眠」と呼ばれ、脳は休んでいるのに筋肉は活動している状態。
もうひとつは、「レム睡眠」と呼ばれ、脳は活動しているのに筋肉は休んでいる状態です。

普段の睡眠は深い眠りの「ノンレム睡眠」から始まり、次に「レム睡眠」になります。
この睡眠状態を繰り返していきます。

しかし、何らかの原因でこのリズムが狂ってしまい、レム睡眠から眠りに入ってしまうことがあります。そうすると、意識はあるのに、体が動かない状態。つまり、金縛りの状態になってしまいます。

眠りの浅いレム睡眠のときは、夢を見やすい状態でもありますので、その時に見ていた夢の内容を、金縛り状態のときに幻聴を体験することもあります。

金縛りとは、脳はまだ寝ていないと思っているのに、体が眠ってしまっているので、自由に体が動かないことで、一種のパニックのような状態になっているようです。

金縛りにならないにはどうしたらいいか

金縛りは、睡眠リズムの乱れによって引き起こされます。睡眠不足、過眠状態などはリズムを狂わせる原因です。

ノンレム睡眠とレム睡眠のリズムの1サイクルは約90分と判明しています。ですので、このサイクルを意識しながら睡眠時間を調節します。90分の倍数にすれば調節しやすくなります。

規則正い生活も大切で、就寝時間を一定に保ち毎日同じ睡眠時間にすることも重要です。
平日は規則正しいのに週末はルーズになってしまうようなことは避けましょう。

規則正しい生活についてはこちらを御覧ください。

うつ病などいろいろな症状の改善法として、「規則正しい生活」を送ることが大切だといわれます。 とろこで「規則正しい生活」とはどんなことを気をつければいいのか調べてみました。

また、質の高い睡眠も大切です。寝具やまくらなど睡眠環境にも気をつけましょう。

枕の選び方についてはこちらを御覧ください。

合わない枕は、寝ているときに血液の流れを阻害してしまい、筋肉を緊張させてしまいます。うまく循環できないと疲労物質がたまり、肩こりの原因となるでしょう。また、血行不良は頭痛を引き起こします。高さの合わない枕では、気道が圧迫されイビキの原因にもなります。

出張や旅行先では睡眠環境が変わることが多いです。できるだけ普段と同じような環境で眠れるように気を使うことで、発症を軽減させることができます。

金縛りになってしまったら

いろいろ工夫していたにもかかわらず、金縛りになってしまったらどうしたらいいでしょうか?

そんなときはまず怖がらずに冷静に対処してください。パニックにはならず、これは心霊現象ではないと言い聞かせたりして、まず落ち着きましょう。

金縛りからの逃れ方は、最初に指先など動かすことができそうな部分をゆっくりとうごかしてみます。また、視線を動かしたり、声を出してみるのも効果があります。

まだ体が動かい時にはまだ冷静になりきれていないので、再度冷静になれるよう落ち着きましょう。生理現象であることを思い出せれば、自然と落ち着きを取り戻し、徐々に体を動かすことができるはずです。

まとめ

金縛りは、昔は心霊現象だと信じられてきました。その名残は今でもありますが、その原因が医学的に解明され、適切な予防や対処ができることがわかっています。まずは睡眠リズムが崩れないように気をつけること。もしかかってしまっても、怖がる必要はありません。

ご参考になれればうれしいです。