40代。うつ病、回復期の過ごし方

こんにちは、当ブログ管理人 standard59 です。

うつ病治療の第2ステップ「回復期」には、どのように過ごせばいいのか考えます。

スポンサーリンク

うつ病の回復期

薬などの治療によって、症状が和らいで来ると気力や物事への関心も少しずつ湧いて来ています。体調も少しずつ回復し、やりたいことが出てきいます。

調子のいいときと悪い時の差が大きい時期でもあるので、無理は禁物です。
少しずつ予定を立てて行動してみましょう。

やりたいと思うことを少しずつ行う

やりたいと思うことを少しずつ行って見ましょう。無理をせず、焦らずゆっくりと行ってみます。

調子はいいときと、悪い時があることを理解する

いい日もあれば悪い日もある、変動の大きな時期ですので、そのことを理解しましょう。

少しずつ増やしていく

やりたいこと、できることは急がず少しずつ増やし、慣れて行きましょう。

調子が悪くてもネガティブに考えない

調子が悪い日でも、ネガティブ思考にはならず、それを受け入れて行きましょう。明日はきっといい日になります。

まとめ

好きなこと、テレビを見たり、ゲームをしたり、自分なりの無理のない範囲を確認しながら少しずつ行って、徐々に自信を取り戻しましょう。

また、ネガティブ思考によっての悪循環がどんなだったのか、医師と相談し整理することでうつ病への理解を得ることが重要かと考えます。

そのことにより、再発を防ぐにはどうすればいいのか考えておくことも大切なのではないかと思います。

まだ、私の場合は「回復期」の段階ではないのですが、予め今後どうしていけば良いのか理解しておき、治療に役立てられればと思いました。

こちらも御覧ください。

うつ病治療における急性期。この時期は不安定な時期でもあるので、どのような過ごし方をしたらいいのか考えます。
治療がある程度すすみ、発症前と同様な生活が送れる事ができるようになってくると、次は再発防止について考えることが大切になってきます。うつ病は繰り返しやすい病気ですので、回復後完治したと思ってしまい、薬の服用をやめてしまったということはよくあることだからです。

コメント

  1. kouexit より:

    回復期に至るまでには、治療開始が遅れた場合など、人によって、そのプロセスの経過は様々です。留意しなければならないことは、二次障害の併発です。急性期に環境調整やストレスの軽減。正しい治療アプローチを受けないと、双極性障害や不安障害などといった精神疾患を併発することがあります。また、服薬についても、抗うつ剤などを正しく服用し、症状が約2週間くらいで改善してきますから、それからアクティブな療養方法に切り替えて、徐々に生活リズムを規則正しい生活リズムにしていくことが必要です。医師と相談しながら、自らを客観視できるように、症状の浮き沈みに一喜一憂せず、焦らずやっていきましょう。

  2. kouexit より:

    私の場合は、薬物依存症を回復すれば、回復期に向かって、次の一歩を、踏み出せそうな気がします。23年間、双極性障害と闘ってます。急性期に適切な治療を受けなかったのが原因と考えられます。