不安と焦りが襲ってきた!セロトニンで不安を軽くする

こんにちは。

気分が落ち込むときに、強い不安を感じる時ありますよね。
不安や焦りは強いストレスを伴い、心身にいろいろ悪影響を与えます。

そんあ不安はすぐにでも解消したいですよね。

不安の完全には消すことはできなくても、少しでも軽くする方法について調べてみました。

スポンサーリンク

不安を軽くするには

不安は本来は人にとって大切な感情です。
不安があるからこそ、未来への備えができるのです。

しかし必要以上の不安は本人を苦しめるだけでいいことはありません。
心身が疲れている場合などには、この余計な不安が大半をしめてしまいます。

セロトニンが増えれば不安が軽減される

不安の感じ方は人それぞれ、特に過度に不安を感じてしまう人は医学的には「セロトニンが分泌しずらい状態」といえるようです。

セロトニンは心を落ち着かせる脳内の神経伝達物質です。

うつ病の人などはこのセロトニンを増やす治療を行ったりします。

一般的にセロトニンを増やすには、

  • 朝日を浴びる
  • 適度な運動をする
  • 規則正しい生活を行う

といいとされています。

しかし、これらはなかなか即効性がありませんね。

もっといい方法はないでしょうか?

刺激を受けるとセロトニンが増える

セロトニンは強い情動の後に分泌される。と考えられています。

その情動はどんなものでもいいようです。

ですので、とにかく強い感情が動けばその感情を抑えようとしてセレトニンが分泌促されます。

  • 感動的な映画を見る
  • 恐怖映画を見る
  • 劇的な結果のスポーツのビデオを見る

などです。

また、痛みによってもセレトニンが分泌されることもわかっています。

足つぼマッサージなんかがちょうどいいかもしれません。とにかく適度な痛みは不安を軽減させてくれるようです。

しかし、あまりつよすぎる刺激は体によくありませんので、注意が必要です。

ストレッチも効果的

これも適度な痛みたど思いますが、ストレッチを行うことも不安を軽減させるようです。

腕や足の筋を伸ばして、痛気持ちいい感覚がちょうどいい痛みになるようです。

まとめ

不安や焦りで同しようもない時、少しでも不安を軽くする方法をご紹介しました。
そんな時だからこそ少しでも軽減できるといいですね。

少しでも参考になればうれしいです。