うつ病かな?微妙な生活変化に気をつけて

こんにちは。

うつの症状は様々ですが、日常生活を注意してみると、僅かな変化に気づくことがあるようです。

それは、うつの初期症状なのかもしれません。どんな変化が現れてくるのかしらべてみました。

スポンサーリンク

日常生活の変化

うつの症状は人それぞれです。昔は何でもなかったのに最近少し変化があるようであれば、気をつけたほうがいいですね。

生活の変化には次のようなものが挙げられます。

1.普段使っていたものを使わなくなる

洗面用具や化粧品など、新しいものがあるのに、それを使わずに古いものがそのままにあっている。また、歯を磨かなくなる。

2.冷蔵庫が臭い

少尉期限切れや、だべかけの食材など冷蔵庫の中が整理できない。しかし、新しい食材を買い足すが、同じことの繰り返しとなる。

3.体調が悪くないかと周囲からみられる

清潔感がなくなり、覇気がなく周囲から体調不良に見られることが増える。

4.部屋がかたずかない

出すことはするが、使ったらそのままで片付けることができないで、部屋が散らかる。また、片付ける気分にならない。

5.声が小さい

大きな声を出すことができない。滑舌もわるく言ってることが聞き取れない。

6.洗濯するきになれない

部屋に洗濯物がたまってしまう。すべての服をきてしまうまで、洗濯する気にはなれない。

7.食べ物の包でゴミ箱がいっぱい

ジャンクフードが増え、ゴミ箱がその包でいっぱいになっている。

8.仕事や宿題を終わらせることができない

やらないとならないことを、やろうと思うのだが、手がつかずいつまでたっても終わらない。

9.ドタキャンが増える

行きたくない気持ちが優先されるので、なんでもドタキャンしてしまう。

10.連絡がつかない

電話に出ることができない。メールやSNS等返信もめんどくさくなる。また、メールや電話の着信音が怖くなり、不安が止まらない。

まとめ

必ずこのようなことがうつにつながるわけではないようですが、今までとあきらかに変化が現れてきたら、注意してみましょう。

日常の微妙な変化に注意して、うつ病を予防できたらいいですね。

少しでもお役に立てれば嬉しいです。